出産内祝いとは

出産内祝いとは何か?

出産内祝いは、赤ちゃんが生まれたことに対し、出産を終えた家から贈るお祝いのことです。現在は、出産祝いをくれた方へのお返しの意味が強くなっています。内祝いを贈る時期としては、出産後、退院してから遅くならないうちが理想的です。目安としてはおおよそ産後1~2ヶ月と考えます。

ただし、産後はイレギュラーな状況にもなりやすいもの。なかなかお母さんの体調が戻らなかったり、赤ちゃんのお世話に時間を費やさねばならなかったり、思うように内祝いの準備が進まないこともあり得ますよね。もし内祝いを贈るのが遅くなってしまった場合は、品物だけでなく、お詫びのメッセージカードなどを添えることをおすすめします。カードにはお祝いをいただいたことに対する感謝の気持ちと、内祝いが遅れてしまった簡潔な理由とお詫びの言葉をしたためましょう。

予算相場は?どんなものを贈ればいい?

内祝いは「半返し」と言い、もらったお祝いの半額程度の品をお返しするのが一般的です。ただし、お祝いをくれた相手に「半返しは気にしないで」と言われた場合は、相手との関係性を考えつつ検討しましょう。特に近しい親族などは、相手の申し出に甘え、無理のない予算範囲でお返しを考えるのもアリです。 また、会社の上司など、目上の人にお祝いをもらった場合、半返しは逆に失礼に当たります。半返しよりもさらに低い金額の品をお返しするのがマナーなので、もらった金額の1/3ほどを予算の目安にしましょう。内祝いの定番的な品物は、タオル・お菓子・食器などです。消えものが良いのか、記念に残るものが良いのか、受け取る相手の好みやライフスタイルなども考えながら選んでみてください。