結婚内祝いとは

結婚内祝いは、誰に何を贈る?

結婚祝いをいただいたら、お返しとして内祝いを、と考える人は少なくないでしょう。しかし、本来の内祝いの意味は、「いただいたお祝いのお返し」ではなく、「身内の喜びごとを分かち合うための、喜びのおすそわけ」として行うものでした。現在ではお返しの意味が強い内祝いですが、本来の意味も知っておくと良いでしょう。 内祝いはさまざまな場面で贈ったり贈られたりしますが、結婚内祝いの場合は結婚式の有無によって行わない場合もあります。結婚式のご祝儀としてお祝いを受け取っている場合は、引き出物としてお返ししているため、よほど高額なご祝儀をいただかない限り、内祝いを贈る必要はありません。結婚式を行わなかった、行ったけれど招待していなかった人からお祝いをいただいた場合は、内祝いを贈りましょう。内祝いの品物は、いただいたお祝いの3分の1~半額くらいの金額から選ぶのが一般的です。

結婚内祝いを贈る際の注意点

結婚内祝いを贈る際、気になるのが贈る時期とマナーではないでしょうか。まず贈る時期は、結婚式もしくは入籍から1ヶ月後くらいまでが目安です。遠方の場合は郵送で問題ありませんが、今後のお付き合いを考え、できれば直接手渡しするのが望ましいです。ただし先方の負担になっては本末転倒のため、相手に合わせた対応をしましょう。

内祝いを贈るとなるとマナーが気になる人も少なくありません。お祝い事には縁起をかつぐことが多く、「切る」「割れる」を連想させるハサミや陶器などは避けた方が無難です。また、割り切れる数字のものも避けましょう。相手に好きなものを選んでもらいたいから、と現金や金券を贈りたくなりますが、気の置けない間柄であれば問題ないものの、金額がはっきり相手に分かってしまうため、基本的に内祝いには不向きです。内祝いはカタログギフトやタオル類、または日持ちのするお菓子などを選ぶ人が多いでしょう。