新築内祝いとは

新築内祝いの意味とは?

内祝いというのは、何らかの慶事があった場合に、親族や知人などに贈り物を送る風習のことです。一般的に内祝いを贈るのは、結婚や出産といったケースが多いのですが、意外と忘れがちなのが家を新築した場合です。新しく家を建てるというのも慶事の一つですので、内祝いを贈るのを忘れないようにしましょう。新築内祝いを贈る意味は、家を新築した喜びを身近な人々と共有し、ともに祝うことでみんなに幸せになってもらうという点にあります。誰に贈るべきか頭を悩ませる方も多いようですが、基本的には新築祝いをもらった人に対して、お礼の意味も込めて内祝いを贈るようにすればよいでしょう。ただし、お祝いをもらっていない人に内祝いを贈ってはならないというわけではありませんので、この点には注意する必要があります。

新築内祝いにふさわしい品とは?

いざ新築内祝いを贈ろうという場合に、何を贈ればよいか分からないという方もいるのではないでしょうか。必ずしもこれを贈らなければならないという決まりごとは存在しませんが、せっかく贈る以上は相手方に喜んでもらえる品物をチョイスするというのが基本です。相手の好みがわかっているのであれば、それに合わせて選べばよいですが、そうでない場合にはいくつあっても困らないタオルやハンカチなどを贈ると間違いはないでしょう。どうしても決められないということであれば、百貨店などのカタログギフトを贈って、相手に好きなものを選んでもらうというのも一つのやり方です。なお、内祝いの金額は、もらったお祝いの品の半額程度を目安にするのが一般的です。